2016年になりました

 とうとう2016年になり、サイト開設から3周年です。この年齢になると数年前の出来事も「なんだか昨日のことのように……」と感慨深くなってしまうのだと感無量。ひとまずのところ、あけましておめでとうございます。

 

 昨年は長編執筆を一旦休止して、短編の執筆に注力していました。1月から3月頃まで『心疾ければ』を執筆し、続く6・7月には『イオ』。そして8・9月には『産死遂命のEXA』というタイトルで、それぞれ企画に寄稿させていただきました。いつもは書かないような設定で書いた作品もあるので、長編の中休みとしては非常に有意義な時間だったと思います。

 

 2016年の予定は、まず『パンダ模様の青い魔女』シリーズに復帰し、この物語の完結作を執筆、年内には執筆完了させて公開したいと思います。

 

 そのあとは、また別の長編作品に手をつけたいと思っています。おそらくSFです。タイトルはまだ考案中なのでなんともいえないのですが、強いて言うなら歴史改変ものであり、主人公がフィンランド人であり、60、70年代のSF映画のような雰囲気の作品になりそうだ、ということです。あとは、個人的に好きな世界情勢要素増し増しの展開でお送りできるような物語でありたいな、と思う次第であります。

 

 とりあえずはシリーズ作の完結を目指したいと思います。

 

 それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。